゜・*:. 。.甘美で・・・想像以上で・・・.。.:*・゜ インスピレーション
FC2ブログ
<アクセス解析タグ ここから-->
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
インスピレーション
2006-08-23 Wed 09:36
私は父との関係があまりうまくいっていない
いっていなかった くらいにしておこうかな?
父も年をとって大分丸くなったから・・・

父は、大人からしたら理由のあることなのかもしれないけれど、
子供の私からは到底理解もできない理由で、怒鳴ったり手を上げたりする人だった
昔ながらの威厳たっぷりの父親・・・といえばまあそうなのだけれど・・・
いつも、怒鳴れるんじゃないかとびくびくしていた

そしてある時、
私が一人では解決できず、途方にくれて、父に助けを求めたかったその時に、
いきなり横っ面を思いっきりバシッと叩かれ、怒鳴られた 公衆の面前で・・・
叩かれ、怒鳴られる理由なんて全くわからなかった

その時のショックはとてつもなく大きくて、
もう父には自分から歩み寄るまい
私はそんな風に心に決めて、その決心をかなり長い間貫き通した

ショックを受けると心を閉ざす悪い癖は、その頃から・・・
今では、そういう態度をとってはいけないと自分に言い聞かせているし、少しはマシになったと自分では思っているのだけれど、
人当たりを良くしようとしてるだけで、内面は全然変わってないかも。。。
ぐるぐる一人で考え込んだり とかね

その話は置いておいて・・・

暴力がとてつもなく怖い私が、なぜ苦痛を伴う責めに憧れるのか・・・
それは私にも謎ですw

1つ言える事は、私がそれを暴力だと感じてしまったら、やはりそれは受け入れ難い ということ
そして、暴力よりもさらに恐怖するのは 罵声

声を聞いただけでも、その人の持つ暴力性は窺い知れるような気がしてる
ご不快に思われる方がいらっしゃったらごめんなさい
だから、声も聞かずにご主人様と逢う約束をした事は、とんでもない冒険だった

人は誰しも暴力性を持ってるものだから、ひとたび切れてしまったら理性は吹き飛ぶかも?
あれは暴力だけれどこれは暴力ではない
なんて区分けは意味もない事かもしれないけれど・・・

小学生の頃、バスケットのコーチから気合を入れ直すために受けたビンタは、痛かったかけれど心を感じた
小さいながらも、コーチの心も痛いだろうと思った

それと似てる? 似てない?

私が何かを感じ取れる痛みが、暴力ではない何か なのかな?
う?ん。。。それって私の気持ちひとつだもの
ちょっと違う気がする

結局はインスピレーションかな?

この人にだったら全てを預けても大丈夫
そう思ったときに
快楽も苦痛も、全てを与えて欲しい
そんな気持ちに変化する

そんな心の動きって、第3者として見るとおかしなものだな・・・
どうしてそう結びつくのかがわからないw
突飛だなぁ。。。








スポンサーサイト
[PR]

[PR]

別窓 | あかねについて | コメント:2 | トラックバック:0
<<タイトルなし | ゜・*:. 。.甘美で・・・想像以上で・・・.。.:*・゜ | めいっぱい>>
この記事のコメント
暴力とSM
 あかねさんも辛い子供時代だったんですね。
 さやかの両親は、子供に暴力は振るわなかったけど
ふたりとも親が愛してくれなかった事を非常に恨んでいて、うつ病や神経症を繰り返してさやかの子供時代はその恨みつらみで塗り込められていました。親に愛されていなかった事にこだわるあまりに自分の子供を不幸にしてしまった両親は、かわいそうだと思うけど、でも、側にこられるとぞっと総毛だってしまうのです。
 暴力とSMを分けるもの・・・それはなんなんでしょう。
SM小説を読んでいると、さらってきて無理矢理というシチエーションがすごく多く、権力や力や拷問と、現実にわが身に襲い掛かってくれば決して受け入れられないストーリーでも、感じてしまうのが不思議です。リアルとバーチャルは全然違います。
 そして、リアルだけを考えた時、やっぱりそれを分けるのは「怒り」では無いでしょうか。「怒り」は、自然な感情だから押し殺す必要は無いけれど、相手に向ければ傷つけあうだけ・・・・そんな気がします。
 いつでも、失敗して派手にぶつけてしまうさやかですが・・・・。 
2006-08-23 Wed 12:42 | URL | さやか #DS51.JUo[ 内容変更]
> さやかさま。。。

あかねは自分のそういう面をはっきりと自覚したのはここ数年のことです
もっと早く分かっていれば結婚生活も失敗しなかったかな?と思っています
さやかさんはご自信の事をよく分かってらっしゃるから、その不幸を断ち切ることもできると思いますよ^^

父が手を上げるのは「怒り」からでしたから、それはそれは受け入れ難いものでした
どんなに濃い繋がりがある関係でも、気遣いは必要なんですよね
自分の子育てにも反省すべきところは多々あります

けれど、言いたいことは言えばいいのですよ
口を閉ざすことは何の解決にもなりませんから(経験談w)
2006-08-23 Wed 16:25 | URL | あかね #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ゜・*:. 。.甘美で・・・想像以上で・・・.。.:*・゜ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。